エクストレイル

エクストレイルのプロパイロットグレードはどれ?その便利さも紹介!

マルチパーパスな4WDとして人気のある日産エクストレイルですが先進安全機能であるプロパイロットはどうなのか気になります。

今回はエクストレイルのプロパイロットにまつわる情報や搭載グレードなどについて検証してみたいと思います。

エクストレイルのプロパイロットとは?

エクストレイルのプロパイロットとは?

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

日産エクストレイルにはプロパイロットがオプション装備されていますがプロパイロットとはどの様なものなのでしょうか。

プロパイロットは日産自動車が開発した自動運転の技術です。

自動運転というとクルマが勝手に目的地まで連れて行ってくれるものという認識など人によって解釈が様々ですが現段階では自動運転にはレベルが定められており、技術の進歩によって完全な自動運転を各メーカーが目指している状況です。

自動運転レベル0 自動運転の機能が全く装備されていないクルマの事を指します。

自動運転レベル1 ハンドル操作や加減速などをクルマが支援してくれる物を指します。

アダプティブクルーズコントロールがこれに該当します。

エクストレイルのプロパイロットとは?

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

自動運転レベル2 ハンドル操作と加減速のうち複数の操作を同時に行うことができます。

アダプティブクルーズコントロール機能の進化型ともいえますがドライバーは周囲の状況を確認して人的操作を適度に加える必要があります。

自動運転レベル3 限定的な状況で操作を全てクルマが行うものになります。

手動運転の必要性ありと検知した場合はドライバーによる運転に切り替わります。

自動運転レベル4 ドライバーが乗らなくても運転が可能なシステムとなります。

ただし天候や交通量などの条件による制限があります。

自動運転レベル5  どの様な条件下てあっても自立走行が可能になります。

現段階では多くのクルマに搭載されている運転支援システムはレベル1になります。

日産が開発したプロパイロットはこの内のレベル2となります。

エクストレイルのプロパイロットとは?

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

高速道路の同一車線で使用でき、渋滞走行や高速巡航でアクセル、ブレーキ、ステアリング操作をプロパイロットが制御してくれます。

前を走行するクルマを搭載するカメラで検知しながら車間距離を保ち、ブレーキを自動で制御してくれます。

また、同じくカメラで白線を検知してステアリング操作をコントロールする事も可能です。

他のメーカーではまだレベル1でステアリング操作までは行われていませんが日産とテスラだけはレベル2のシステムを採用しています。

設定可能な速度は30〜100kmで範囲の中で車間距離を保つ制御を行います。

先行車が停止すると自車も続いて停止します。

停止時はシステムが休止状態にあり、スイッチを押すかアクセルを踏むと再びプロパイロット機能で走行を開始します。

エクストレイルのプロパイロットグレードはこれだ!

エクストレイルのプロパイロットグレードはこれだ!

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

ここまでは日産エクストレイルのプロパイロットとは何かについてお知らせさせて頂きました。

ここではエクストレイルのプロパイロットをを装着できるグレードについて検証してみたいと思います。

先進安全装備として日本のメーカーでは唯一のレベル2を装備しているプロパイロットですがエクストレイルではどのグレードならば装備できるのでしょうか。

プロパイロットは標準装備されているグレードとオプション装備のグレードに分かれています。

プロパイロットはメーカーオプションになりますから後から装備する事は不可能ですので購入する時はよく確認してから注文するのが重要ですね。

エクストレイルのプロパイロットグレードはこれだ!

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

エクストレイルのグレード体系は2.0Lガソリンと2.0Lハイブリッドの2種類のパワートレーンが供給されています。

それぞれのパワートレーンにはS,X,Xiと3段階のグレード構成になっていて、全てのグレードに2WDと4WDが用意されています。

グレードの中でプロパイロットが標準装備されているのは2.0LガソリンXiと2.0LハイブリッドXiとなります。

2.0LガソリンXと2.0LハイブリッドXはメーカーオプションで装着する事ができます。

プロパイロットは単独では装着する事はできずにセットオプションとなります。

エクストレイルのプロパイロットグレードはこれだ!

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

内容はプロパイロット、プロパイロットステアリングスイッチ、電動パーキングブレーキ、オートブレーキホールド、車両逸脱防止支援システム、後側方車両検知機能、後退時車両検知警報となります。

Xiにはこれらの装備が標準装備でさらにインテリジェントアラウンドビューモニター、インテリジェントルームミラーも標準装備でXとの価格差は162,000円ですからXiが人気グレードになるのも理解できますね。

この他にもエクストレイルには特別仕様車があり、それぞれにプロパイロットが標準またはメーカーセットオプションとして設定されています。

特別仕様車エクストリーマーX

エクストリーマーX 20X メーカーセットオプション

エクストリーマー20Xi 標準装備

エクストリーマーXハイブリッドX メーカーセットオプション

エクストリーマーX ハイブリッドXi 標準装備

AUTECH メーカーセットオプション

AUTECH iPackage 標準装備

AUTECHハイブリッド メーカーセットオプション

AUTECHハイブリッド iPackage 標準装備

エクストレイルのプロパイロットは付けたほうがいいか!? 

エクストレイルのプロパイロットは付けたほうがいいか!?

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

ここまでは日産エクストレイルのプロパイロットとは何かとプロパイロットを装備できるグレードはこれだ!についてお知らせさせて頂きました。

ここではエクストレイルのプロパイロットはつけた方がよいのかについて検証してみたいと思います。

日産の先進安全装備であるプロパイロットですが使い方が難しそうでよくわからないというユーザーもいると思います。

購入するにあたってプロパイロットは本当に必要なのか迷っている方もいるでしょう。

プロパイロットは高速道路での長距離移動でドライバーの疲労軽減に最も威力を発揮します。

機能としてはアダプティブクルーズコントロールを基本にしています。

エクストレイルのプロパイロットは付けたほうがいいか!?

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

アダプティブクルーズコントロールとは一定の速度に設定してアクセルを踏まなくても走行できるクルーズコントロールが前方を走行するクルマをカメラで検知して、その速度に合わせて加減速を制御してくれるシステムです。

そのため渋滞走行でアクセルとブレーキを交互に何時間も操作し続けるドライバーをその複雑な操作から解放してくれる事になります。

高速道路での激しい渋滞でクルマが停止する様な状況でも1度設定すれば再設定しなくても再びアクセルを踏めば自動クルーズを続けてくれます。

他のメーカーのアダプティブクルーズコントロールはステアリング操作はしてくれませんがプロパイロットではステアリング操作も制御可能になります。

道路の白線をカメラで検知して車線を逸脱しようとするとステアリングの自動制御が働くようになっています。

既に乗っている方の体験によると東京から名古屋までの渋滞を交えた高速道路でとドライブでアクセル操作をしたのは2〜3回の完全停止時のみだったという事がありました。

エクストレイルのプロパイロットは付けたほうがいいか!?

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

プロパイロットは高速道路での使用を推奨されており、一般道路での使用は推奨されていません。

一般道路では白線が途切れていたり薄くなっているためにカメラが検知しにくくステアリング操作が正しく作動しないためです。

アダプティブクルーズコントロールは一般道路でも使用可能ですが前走車両がいるときは追従操作して信号でも停止してくれますが、前走車両がいない時は赤信号ではドライバーがブレーキを操作したくてはなりません。

エクストレイルのプロパイロットは付けたほうがいいか!?

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/performance_safty/nim.html

この様に少し操作が複雑になる為にメーカーでは一般道路でのプロパイロットの使用は推奨していないようです。

とはいえ高速道路の様な郊外道路では便利な機能に違いありませんね。

予算が合えばエクストレイルのプロパイロットが標準装備になっているグレードを考えてみてはいかがでしょうか。

 

アイキャッチ画像引用:https://www.nissanbelize.com/vehicles/new/x-trail/design.html

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では90万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者を含む100社以上が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

しかもこの一括査定は
あの「楽天」がやっているため
買取価格とは他に楽天ポイント(1500ポイント)
ももらえちゃいます!

結果的に買取価格が高くなるので
ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!