エクストレイル

【日産・エクストレイル】安全性はどうなの?自動ブレーキはいいの?

走破性と操縦安定性に優れていると評判の日産エクストレイル

本格派SUVとして運転しやすいのか、運転しずらいのか?

ハイパフォーマンスとはいえ安全性はどうなのか?

自動ブレーキそして横滑り防止機能といった性能について説明します

日産エクストレイルは運転しやすい?しにくい?

日産エクストレイルは運転しやすい?しにくい?引用:https://www.autodeal.com.ph/cars/nissan/x-trail

2000年の発売開始から外観と前輪駆動スペースによる居住空間の広さが話題となり

オフロード派だけではなく街乗り派にも支持されてきました。

オールラウンドなスタイルとして好評のエクストレイルですが、

運転のしやすさというのは、どのような環境下で判断するかによっても変わります。

そしてSUVのオーナーであるなら、街中で運転する際の快適性を重要視すると同時に、

悪路等の不安定な路面状況下において、運転のしやすさ、運転のしずらさについて重要視する方もいるのではないでしょうか。

日産エクストレイルは運転しやすい?しにくい?引用:https://en.nissanhaiti.com

運転のしやすさ、運転のしずらさの元となる乗り心地、そしてハンドル性能に影響を与える状況について想定し、その判別の決め手となる材料の一つとして、まずは車体振動制御システムについて説明します。

車体制御システムとは、車体上下の動きを予測、エンジン(駆動力)とブレーキを制御する機能です。

デコボコ道を走行する際の車体振動を低減できます。

そして微細な振動から大きな揺れまで、様々な起伏に対応し乗り心地と安心感の向上を実現しています。

例えば、小さなでこぼこ道ではエンジントルクの細やかな制御で車両姿勢をスムースに保ち、

大きなデコボコ道ではエンジントルク制御と、プラスブレーキ制御が働くことで車両の揺れを制御するのです。

これらの機能により、優れた乗り心地と安心感の向上を実現していると言えるでしょう。

日産エクストレイルは運転しやすい?しにくい?引用:https://motorz-garage.com/topic/detail/300

続いて車のコックピット運転席を軸として、外観とエクステリア(内装)の二側面から運転に与える影響を想定します。

この時、ドライバーが運転に集中できるような要素が運転のしやすさにおける鍵となることでしょう。

日産エクストレイルには、前車との車間距離を自動的に制御しながら追従走行するプロパイロット機能があります。

高速道路同一車線自動運転技術と呼ばれ、高速道路における渋滞走行及び、巡行走行時のストレスを軽減する目的で日産エクストレイルに採用されています。

高速道路では、長距離運転や渋滞等といったストレス要素がドライバーに加わることもよくあります。

そのような時、ドライバーの疲労を軽減させ、安全な運転にも結び付くといった威力を発揮するのではないでしょうか。

日産エクストレイルは運転しやすい?しにくい?引用:https://www3.nissan.co.jp

例えばアシスト機能として、渋滞時に先行車がある10km/h以下のノロノロ走行時には速度制御と連続したハンドル操作をしてくれます。

また時速10km以上になったとしても、ハンドルに触れているだけで車線の中央をキープ、

そして時速30km~100kmの間で速度を設定すると、単眼カメラがセンサーとなり先行車との車間距離を計測します。

アクセル又は、ブレーキペダルを操作せずとも追従走行できる仕組みになっています。

更にカメラが車線を検知し、道路の中央を走れるようにステアリング操作を支援する機能があります。

(但しこれには条件があって時速約50km以下では先行車がいる時のみ作動)

これは、ドライバーが運転に集中できる要素となります。

日産エクストレイルは運転しやすい?しにくい?引用:https://www3.nissan.co.jp

またプロパイロット機能として優れているだけではなく、日産エクストレイルの場合内装エクステリア上の、つまり運転者が操作するにあたって、メーターパネルが見やすい工夫がされています。

例えば作動状態は、中央に装着された5インチのアドバンスド・ドライブアシスト・ディスプレイに表示されます。

一目瞭然で分かりやすいです。

スイッチ操作で運転支援モード、同様にスイッチ操作で作動を開始出来ること、

さらに視線を前方から逸らさず車を扱えることで、運転のしやすさはもちろんのこと安全性も高まります。

このことを踏まえると、日産エクストレイルのプロパイロット機能は使い勝手が良いと言えます。

日産エクストレイルの一番のおすすめポイントとなるのではないでしょうか。

日産エクストレイルは運転しやすい?しにくい?引用:https://motorz-garage.com/topic/detail/603

2017年のマイナーチェンジによって運転における快適さは格段に飛躍している日産エクストレイルですが、

それは日産のコンセプトからも伺えます。

「もっと自信を持てるドライビングを」「もっと走りの快感を」「もっと繋がる便利さを」

この3つのキーワードは、メディアですっかりおなじみとなりました。

日産は「インテリジェント・モビリティ」として全面的に打ち出しているキーワードです。

日産エクストレイルは、このインテリジェント・モビリティの集大成として相応しい一台として

トータルバランスが良い車と言えるのではないでしょうか。

日産エクストレイルの安全はどうなのか?自動ブレーキの効きは良いの?

日産エクストレイルの安全はどうなのか?自動ブレーキの効きは良いの?引用:https://quito.olx.com.ec/nissan-xtrail-2018-autodelta-iid-1004862642

1人で運転する時はもちろん、大切な人を乗せて走る時はなおさら車の安全性に気を配りたくなります。

安全性について、何を基準に考えると少しでも安心できる材料となるのでしょうか。

車を操作する人間の視覚には限界がありますが、人が出来ない部分をインテリジェントシステム、

すなわちAI技術を駆使した高い知能を持つ車を利用することによって、人が出来ない安全性をカバーできます。

例えば日産は安全面のサポートとして、車両の全方位をサポート基準として考えていて、

それを基にドライバーへの先進の運転支援システムを提供しています。

日産エクストレイルの安全はどうなのか?自動ブレーキの効きは良いの?引用:https://www3.nissan.co.jp/

こういった内容から、安全面における取り組みを通した企業の信頼性を読み取ることが出来ます。

日産エクストレイルの場合、前、後、側方それぞれに運転支援システムが採用されることでバリア機能を強化、街中、駐車場、高速道路、雪道や山間部に至る様々なシーンで運転支援を実現しています。

そして2013年以降日産エクストレイルはエマージェンシーブレーキパッケージとして自動エンジンブレーキを採用して以降、現在、全車標準装備としてインテリジェントエマージェンシーブレーキが採用されています。

(*LDW車線逸脱警報機能及び侵入禁止標識感知を含みます)

インテリジェントエマージェンシーブレーキとは、フロントカメラで前方の車両及び歩行者を検知し、自動的に緊急ブレーキを作動させて衝突を回避する機能です。

またドライバーが安全に減速できなかった場合に、衝突時の被害や傷害を軽減するとされます。

日産エクストレイルの安全はどうなのか?自動ブレーキの効きは良いの?引用:https://www3.nissan.co.jp

障害物に衝突する恐れがある場合、エンジン出力制御にブレーキ制御を加え、万一の衝突事故を未然に防ぐ仕組みです。

同時に衝突の可能性が高まる場合は、メーター内ディスプレイへの警告表示及び、ブザー音警報によりドライバーに回避操作を促します。

また、前、後方支援目的の自動アシストとして踏み間違い衝突防止アシストがあります。

これは駐車場での急加速を防止する目的として採用されています。

前後バンパーに音波で距離を測るセンサーが装備され、これによって前後に壁やガラスなど障害物のある場所において、アクセルとブレーキの踏み間違え時に車両が暴走するのを防ぎます。

例えば、コンビニに飛び込む、或いはビル等の駐車場の壁を破り、落下や転落するような事故を未然に防ぐことが可能となります。

コンビニ利用が当たり前化している今日、これは安全面においての大きな飛躍と言えます。

日産エクストレイルの安全はどうなのか?自動ブレーキの効きは良いの?引用:https://en.nissanhaiti.com

これらの機能説明から自動ブレーキの効きを考えた時、あくまで運転支援としてサポートの一環となるものであって、通常のブレーキペダルの効き方とは全く別のものとして考えるに相応しいと言えます。

そして安全面について考える時、便利な機能だけに頼らないことや、気持ちを引き締めてハンドルを握る等、日頃から交通ルールや安全運転に余念なく勤めることはとても大切です。

とはいっても車の登録台数は増加傾向、近年の急速な道路事情そして運転者の高齢化等、様々な変化の中、目まぐるしい進歩を遂げる現代社会において、個人で出来る安全配慮には限界があることも事実です。

インテリジェント技術を駆使した自動ブレーキアシストは、頼もしく、便利で快適なサポートとして必須機能と言えるのではないでしょうか。

日産エクストレイルの横滑り防止機能の性能はいかに!?

日産エクストレイルの横滑り防止機能の性能はいかに!?引用:https://myqatalog.com/listings/saleh-al-hamad-al-mana/xtrail2018/

実際の運転走行中、横滑り機能ってどのようなシーンで使うか?考えてみたことはありますか。

雪山や悪路だけではありません。

特に降り始めの雨において、スリップしやすく車が横滑りしやすくなる、と言われていますが、

近年、異常気象による寒冷化、また台風等による予期せぬ大雨等に道路が晒されることも珍しくなくなりました。

その結果、河川や地下水が増水すること、過去には都心の道路が陥没することもありましたよね。

冬場には降雪しなくとも、翌日のアイスバーンに悩まされることもあると思います。

またすべての道路が均一に新しくて、地盤も万全という訳ではなく、ましてや交通量の多い地域では、

アスファルト自体の劣化による路面環境の違いもあることでしょう。

日産エクストレイルの横滑り防止機能の性能はいかに!?引用:https://www3.nissan.co.jp

そのような時こそ、活躍する機能とも言われておりますが、今後益々なくてはならない当たり前の機能としての価値があるのではないでしょうか。

日産エクストレイルには、横滑り防止を含め、車の走行安定性を高める目的としてVDCシステムが採用されています。(VDCとは、ビークルダイナミックスコントロールの略です。)

VDCシステムはドライバーの運転操作やクルマの速度を検知し、ブレーキやエンジン出力制御を自動的に行い、滑りやすい路面やカーブを曲がるときや障害物を回避するときにクルマの横滑りを軽減する装置です。

また乗員数に応じて制動力を最適に前後配分するEBDに、タイヤのロックを起こりにくくするABSを組み合わせ、ブレーキング時の安心感を高めています。(EBDとはエレクトリックブレーキディストリビューションの略です。)

EBDは電子制御制動力配分装置としての役割があり、ABSの安全性をより高めるために開発されたシステムです。

ABSとは、アンチロックブレーキシステムの略で急ブレーキをかけた時等にタイヤがロックするのを防ぎ、車両の進行方向の安定性を保ちます。

そしてハンドル操作で障害物を回避できる可能性を高める装置でもあります。

日産エクストレイルの横滑り防止機能の性能はいかに!?引用:https://autoc-one.jp/catalog/nissan/x-trail/photo/94/

ABSの制御コンピューターは車の各車輪などの荷重から、制動力を推定し最適な油圧配分を行うよう指示を与えています。

それを行うのがEBDであり、ABS(アンチロックブレーキシステム)と組み合わせて使用されます。

それ以外にもTSCやブレーキLSDと連動しています。

TSCはトラクションコントロールの略で、駆動力(トラクション)を制御(コントロール)してタイヤの空転や車の横滑りを防止する装置です。

ちなみにブレーキLSDとは、空転している車輪にブレーキをかける又は、走行不能の空転した車輪に疑似グリップ力をかけ前進力を働かせる装置です。

これらの各種センサーの連動によってドライバーの運転操作や車速などを検知し、ブレーキ圧やエンジン出力を自動的に制御します。

アイスバーン等の滑りやすい路面やコーナリング、障害物を回避する際に発生する横滑りを軽減し車両の安定性を向上させ走行時の安心感を高めます。

日産エクストレイルの横滑り防止機能の性能はいかに!?

VDCシステムには、滑っている側の駆動輪のスリップを軽減するためにブレーキ圧を制御、同じ車軸の滑っていない側の駆動輪に動力を伝達するブレーキリミテッドスリップデフ機能があります。

(車速に応じて駆動輪のスリップを低減する為のブレーキ圧と走行用モーターの出力を制御するTSC機能を含む。)

また車両の制御が維持されるよう個々の車輪におけるブレーキ圧と走行用モーターの出力を制御します。

これらを踏まえると、どのような走行状況でも車両コントロールが失われるのを必ず防ぐことは出来ないものの、この連動システムによって車両の制御性を維持するのに役立つ可能性が多分にあると言えるでしょう。

 

アイキャッチ画像引用URL:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では90万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者を含む100社以上が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

しかもこの一括査定は
あの「楽天」がやっているため
買取価格とは他に楽天ポイント(1500ポイント)
ももらえちゃいます!

結果的に買取価格が高くなるので
ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!