エクストレイル

【日産・エクストレイル】サイズ比較とサイズ感は?他車と比べてみる

現行3代目T32系日産エクストレイルのサイズやサイズ感を他社同クラスSUVと比べてみました。

実際の外観の大きさ、内装の居住スペースのサイズ感はどんな感じなのか?

他社同クラスSUVとの大きさやサイズ感の比較はどうなのか?

ご紹介させていただきます。

日産エクストレイルの大きさはどのくらい?

日産エクストレイルの大きさはどのくらい?引用:https://221616.com/car-topics/20170629-90799/

現行3代目T32系エクストレイルは、2013年12月にフルモデルチェンジデビューし、ボディ形状や内装もオフロード感の強いT31系エクストレイルよりもさらにシティSUVらしく進化いたしました。

その後2017年6月8日に、エクステリア、インテリア、オプション(先進安全技術、便利機能)をプラスしてマイナーチェンジし、現行エクストレイルとなりました。

 

そんな根強い人気を誇るSUV車の代表格、現行3代目T32系日産エクストレイルの外観の大きさ、居住スペースについてご紹介していきます。

車体寸法等は以下の通りです。

全長4690mm×全幅1820mm×全高1740mm

室内長2555mm×室内幅1535mm×室内高1270mm

ホイールベース2705mm

となっており、他国内メーカーSUVクラスのボディサイズが近い車種は

トヨタ「ハリアー」

レクサス「NX」

ホンダ「CR-V」

マツダ「CX-5」

スバル「フォレスター」

で、日産エクストレイルはミドルサイズSUVの位置付けです。

因みにミドルサイズSUVより一回り小さいコンパクトSUVの位置付けの車種は

日産「JUKE」

トヨタ「C-HR」

ホンダ「VEZEL」

マツダ「CX-3」

スバル「SUBARU XV」

となっております。

ボディ形状、ボディの大きさ、旧型(T31系)とのサイズなどの違いは?

日産エクストレイルの大きさはどのくらい?引用:http://history.nissan.co.jp/X-TRAIL/T31/1312/exterior.html

こちらでは、旧T31系エクストレイルと現行T32系エクストレイルのボディ形状、サイズの違いなどをご紹介します。

まず、旧T31系エクストレイルの外観の印象は、オフロードSUV寄りのデザイン、内装もちょっとチープな感じでしたが、一方現行T32系エクストレイルは旧T31系よりも全体的に丸みがあり、オフロード感の強い旧31系よりも、内外装共にシティSUVっぽく進化しているところが大きな違いです。

では実際のサイズの違いはどうでしょうか?

旧T31系エクストレイル車体寸法

全長4635mm×全幅1790mm×全高1700mm

室内長2000mm×室内幅1450mm×室内高1265mm

ホイールベース2630mm

となっており、現行T32系エクストレイルと比較すると、

全長+55mm、全幅+30mm、全高+40mm

室内長+555mm、室内幅+85mm、室内高+5mm

ホイールベース+75mm

全ての項目が大きくなっております!

エクステリアのどっしり感も、室内の快適性も、旧T31系よりも良くなっている印象を受けますね!!

日産エクストレイルの実際のサイズ感はどんな感じ?

日産エクストレイルの実際のサイズ感はどんな感じ?引用:https://carview.yahoo.co.jp/article/photo/20170605-20103229-carview/

次は、実際に見た現行エクストレイルのサイズ感をご紹介したいと思います。

エクステリアは、またボディ形状が全体的に丸みを帯びたシティSUV形状で、パッと見のサイズ感は大きく、どっしりとした印象を受けます。

また、T32系後期(現行)はフロントマスク、特にフロントグリル(Vモーショングリル)の大型化や、フォグランプの形状変更、ヘッドライトやテールランプのパターン変更により、よりキレのある見た目、よりサイズ感のあるポイントとなっております!!

室内空間については、すごく広いという訳ではありませんが、内装の形状に凹凸が少なく、質感もセダンのような上品さで、インテリア全体で包み込んでくれるようなホールド感は、重厚感のある内装配置が可能な大きさを持つエクストレイルだからなのか!?すごく心地が良く感じました。

日産エクストレイルの実際のサイズ感はどんな感じ?引用:https://www3.nissan.co.jp/

また、長いホイールベースを有効に活用し、フロントシートの背もたれから、セカンドシートの背もたれまでのスペース(セカンドシートニールーム)を660mmのゆったりとしたスペースを確保しているのは大きくなったエクストレイルの恩恵だと思います。

ラケッジスペースについては、5人乗りの二列シート、7人乗りの3列シート共に、フルフラットにできるシートアレンジ対応!!

ラケッジアンダースペースがあるのも大きくなったエクストレイルの魅力ですね!!

 

日産エクストレイルの実際のサイズ感はどんな感じ?引用:https://www3.nissan.co.jp/

日産エクストレイルのサイズ比較をしてみる

日産エクストレイルのサイズ比較をしてみる引用:https://kakakumag.com/car/?id=10400

この項目では、他社ライバル車とのサイズ比較をご紹介させていただきます。

既にご紹介済みですが、比較するために再度現行T32系エクストレイルのサイズからご紹介します。

全長4690mm×全幅1820mm×全高1740mm

室内長2555mm×室内幅1535mm×室内高1270mm

ホイールベース2705mm

比較ライバル車

トヨタ「ハリアー」

日産エクストレイルのサイズ比較をしてみる引用:https://toyokeizai.net/articles/-/154522

全長4725mm×全幅1835mm×全高1690mm

 エクストレイル比較 全長-35mm×全幅-15mm×全高+50mm

室内長1965mm×室内幅1480mm×室内高1220mm

 エクストレイル比較 室内長+590mm×室内幅+55mm×室内高+50mm

ホイールベース2660mm

 エクストレイル比較 ホイールベース+45mm

[ハリアーとの比較結果]

全長、全幅は少しエクストレイルの方が少し小さいが、室内サイズ、ホイールベースはハリアーより大きく設計されてあり、ラケッジスペースや室内空間はエクストレイルの方が大きい。

レクサス「NX」

日産エクストレイルのサイズ比較をしてみる引用:https://lexus.jp/models/nx/

全長4640mm×全幅1845mm×全高1645mm

 エクストレイル比較 全長+50mm×全幅-25mm×全高+95mm

室内長2080mm×室内幅1520mm×室内高1180mm

 エクストレイル比較 室内長+475mm×室内幅+15mm×室内高+90mm

ホイールベース2660mm

 エクストレイル比較 ホイールベース+45mm

[NXとの比較結果]

NXとの比較は、全幅のみがNXより小さい結果となりました。

NXよりもエクストレイルの方が大きいですね!

ホンダ「CR-V」

日産エクストレイルのサイズ比較をしてみる引用:http://car-moby.jp/331684

全長4605mm×全幅1855mm×全高1680mm

 エクストレイル比較 全長+85mm×全幅-35mm×全高+60mm

室内長1970mm×室内幅1550mm×室内高1230mm

エクストレイル比較 室内長+585mm×室内幅-15mm×室内高+40mm

ホイールベース2660mm

エクストレイル比較 ホイールベース+45mm

[CR-Vとの比較結果]

外観、室内共に幅がエクストレイルの方が小さく、その他のカテゴリーでは+の数値となりました。

エクストレイルは大きい!!

マツダ「CX-5」

日産エクストレイルのサイズ比較をしてみる引用:https://221616.com/car-topics/20161201-85623/

全長4545mm×全幅1840mm×全高1690mm

エクストレイル比較 全長+145mm×全幅-20mm×全高+50mm

室内長1890mm×室内幅1540mm×室内高1265mm

エクストレイル比較 室内長+665mm×室内幅-5mm×室内高+5mm

ホイールベース2700mm

エクストレイル比較 ホイールベース+5mm

[CX-5との比較結果]

エクストレイルの方が全長が長かったことが意外ですね!!CX-5の形状はロングノーズ形状なので、CX-5の方が長いのかと思っておりました。

ボディ形状によって大きく長く見せることって可能なんですね!!

スバル「フォレスター」

日産エクストレイルのサイズ比較をしてみる引用:https://clicccar.com/2018/07/13/602961/

全長4625mm×全幅1815mm×全高1715mm

エクストレイル比較 全長+65mm×全幅+5mm×全高+25mm

室内長2110mm×室内幅1545mm×室内高1270mm

エクストレイル比較 室内長+440mm×室内幅-10mm×室内高±0mm

ホイールベース2670mm

エクストレイル比較 ホイールベース+35mm

[フォレスターとの比較結果]

室内幅、室内高以外はエクストレイルが上回る結果となりました。

この結果を元に少しまとめてみます。

日産エクストレイルの大きさまとめ

日産エクストレイルの大きさまとめ引用:https://en.nissanhaiti.com/

T32系現行エクストレイルは、旧型T31系のオフロードSUVっぽい仕様から、内外装共にシティSUVのような上品なディテールとなり、またボディサイズも一回り大きくなり、ラケッジスペースの大きさやシートアレンジ可能な大きさを手に入れたSUVでした!!

他社のライバルSUVとの比較も、どのライバルSUVよりも圧倒的に室内長や、ホイールベースが長く、また室内空間全般では、一番広いのではないかと思います。

日産エクストレイルは、アウトドアから街乗りまですべての環境を許容できる大きさを持つ、懐の深いSUVですよ!!

 

アイキャッチ画像引用URL:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では90万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者を含む100社以上が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

しかもこの一括査定は
あの「楽天」がやっているため
買取価格とは他に楽天ポイント(1500ポイント)
ももらえちゃいます!

結果的に買取価格が高くなるので
ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!