エクストレイル

エクストレイルT32のツイーター埋め込み方法を紹介!カバーは何を使う?

マルチパーパスな4WDとして人気のある日産エクストレイルですが音楽を聴く時に良い音で楽しみたいですね。

今回はエクストレイルのスピーカーにこだわり、ツイーターについての情報を検証していきたいと思います。

エクストレイルT32のツイーター取り付け方法はこれ!

エクストレイルT32のツイーター取り付け方法はこれ!

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

アーバンデザインでありながら走破性は本格的な4WDと同等の性能をもつエクストレイルですがドライブしている時は音楽を楽しむ方も多いですね。

ところがエクストレイルT32に搭載されているオーディオのスピーカーからの音はあまり評判が良いとは言えません。

ナビゲーションシステムが発達する少し前の時代はカーオーディオシステムを構築してアンプやスピーカーにまで凝った方も多くいました。

クルマの中で良い音で音楽を楽しむには環境としてあまり適しているとは言えません。

周囲で常に雑音が発生していて、音の反響が思う様に働かない場所ですからベストな音響システムを作るのには手間暇が必要でした。

ナビゲーションシステムがない時代はそうしたアンプを中心としたシステムが組み入れられてきましたがクルマのインパネスペースには限りがあり、ナビゲーションシステムが必須になるとアンプ中心のステレオはCDから携帯音楽プレイヤーやメモリーカード中心に変わってきました。

エクストレイルT32のツイーター取り付け方法はこれ!

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

そうした環境の中でできるだけ良い音で音楽を楽しむには良いスピーカーを設置するのが一般的になってきています。

エクストレイルのオーディオシステムはナビゲーションシステムに組み込まれていますが装備されているスピーカーはフロントドアの左右とリアドアの左右で合計4スピーカーシステムとなります。

日産ではスカイラインやリーフなどにはBOSEサウンドシステムが組み込まれていますがエクストレイルにはコストの問題なのかスピーカーシステムにはあまり力が入っていない様ですね。

エクストレイルの前後ドアの左右に取り付けられているスピーカーのサイズは16cmの物になります。

エクストレイルの車格から考えるともう少しグレードアップしたいところですね。

このまま音を良くするにはスピーカー自体を高性能の物に効果するかスピーカーの数を追加して音のバランスを補正するかという事になります。

エクストレイルT32のツイーター取り付け方法はこれ!

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

最も手軽にできるのはピラー下の部分にツィーターを設置すると高音が確保できて音質が良くなります。

大型セダンなどはこの部分に高音用のツィーターが装着されていてバランスが高くチューニングされていますからつけてみるだけの価値はあると思います。

エクストレイルT32のツイーター埋め込みって?取り付けとは違う?

エクストレイルT32のツイーター埋め込みって?取り付けとは違う?

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

ここまでは日産エクストレイルのツィーター埋め込み方法についてお知らせさせて頂きました。

ここではエクストレイルのツィーター埋め込みは取り付けとは違うのかについて検証してみたいと思います。

オフロード車には大まかに分けてSUV(スポーツユーティリティビークル)と呼ばれる乗用車をベースとしたオフロード風にスタイリングされた車種と伝統的なラダーフレームを使用した本格派のオフロード車があります。

もともとは頑丈でタフなラダーフレームのオフロード車が耐久性で優れて悪路の走破性も高く、その雰囲気をデザインに生かした車種としてSUVが人気を経てきました。

エクストレイルT32のツイーター埋め込みって?取り付けとは違う?

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

そういった成り立ちからSUVはデザインは4WDの形をしていて実際にも4輪駆動もありますが多くは雰囲気重視で市街地中心に乗られる方が多く、オーディオも高性能な物を好んで搭載するユーザーが見られました。

ランドクルーザーやジムニーなどの本格派4WDは実業や悪路走行に使われるなどの機会が多いですからオーディオはそれ程までに重視される事はありませんでした。

日産エクストレイルは乗用車ベースではありますが成り立ちはミドルクラスの本格派4WDとしてのポジションでしたからオーディオシステムが車格に対してそれ程でもないのはそういった理由があるのかもしれません。

リーフやスカイラインにはBOSEサウンドシステムが設定されているのに対してエクストレイルに設定されていないのは物足りない気もしますが、希望するユーザーが少ないのでしょうか。

エクストレイルに搭載されているスピーカーを交換または増設する時にはいくつかの方法かあります。

スピーカーの取り付けは現段階で取り付けられているスペースに他のスピーカーを付け替える事を言います。

標準で装着されているスピーカーはオールラウンドタイプですからある程度は安定した音が楽しめますが高音や低音の幅を広げたい場合はもう少しグレードアップしたいところです。

エクストレイルT32のツイーター埋め込みって?取り付けとは違う?

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

純正取り付け位置に中低音を重視したスピーカーを取り付け、ピラーなどに高音用のツィーターを埋め込む事でかなり改善させる事ができます。

Aピラーやダッシュボードの一部を加工してスピーカーを装着する事を埋め込みと呼びます。

もともとスピーカーを取り付けるスペースではなく、場合によってはピラーやダッシュボードに穴を開けてスピーカーを埋め込んで取り付けます。

手間はかかりますが4スピーカーと比較すると音の幅が広がりより音楽を車内で楽しむ事ができます。

エクストレイルT32のツイーター埋め込みまとめ

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

ここまでは日産エクストレイルのツィーター取り付け方法やツイーターの埋め込みと取り付けは違うのかについてお知らせさせて頂きました。

ここではエクストレイルのツィーター埋め込みに関するまとめを検証したいと思います。

車内で音楽を楽しむのに聴ければ良いという方もいると思います。

純正のスピーカーをはコストの問題もあり普及レベルの物が取り付けられている事が多くなっています。

高いレベルで聴きたい方にはオプションでグレードアップする事も可能ですがエクストレイルの様にスピーカーのオプション設定がない車種もありますね。

エクストレイルT32のツイーター埋め込みまとめ

引用:https://www.alpine.co.jp/model/xtrail/

純正のスピーカーと市販のスピーカーとはどこが違うのでしょうか。

純正のスピーカーは出力が15〜20W程で市販のスピーカーは50〜200Wとかなりパワーが上がります。

車で60PSと300PSでは60kmで走行していても余裕が違う様にスピーカーの出力も同じ事が言えます。

スピーカーは振動して音を空気に伝えてヒトの耳に感じ取りますから取り付け位置の土台が重要になります。

土台が柔らかすぎると正しく振動しませんから取り付けはしっかりと装着する事が重要になります。

オールインワンタイプをコアキシャルスピーカーと呼び1つのスピーカーの中に中低音と高音を両方鳴らす構造になっています。

エクストレイルT32のツイーター埋め込みまとめ

引用:https://www.alpine.co.jp/products/speaker/X-170S

材質を高品質の製品にするのは交換も手軽で費用もそれ程かからずに音質を良くすることが可能になります。

デメリットは取り付け場所がドアに限定される事で音源がバランスしにくい事があります。

中低音と高音を出すスピーカーを独立して取り付ける事をセパレートスピーカーと呼びます。

中低音を下から高音を上から出すことで音の臨場感がリアルになります。

さらにシートの下などに重低音のウーハーを設置する事でリアル感はさらに上がります。

クルマで音楽を楽しむ場合にはフロント部分から聞こえる音が重要ですから、フロントスピーカーの役割は需要です。

そういった理由からエクストレイルで音楽を良い音で楽しむにはフロントスピーカーをセパレート化してツィーターをピラー部分に埋め込むのが良い方法なのですね。

エクストレイルT32のツイーター埋め込みまとめ

引用:https://www.alpine.co.jp/products/speaker/X-170C

市販スピーカーの種類はメーカーも豊富でグレードもたくさんあり、迷ってしまいます。

よほど凝らなければ純正を市販品に交換するだけならそれ程コストもかからないでしょう。

予算と相談しながらエクストレイルに適したスピーカーを見つけて良い音で音楽を楽しみながらドライブに出かけたいですね。

 

アイキャッチ画像引用:https://leftlanenews.com/nissan/rogue/nissan-xtrail-hybrid-88165/

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では90万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者を含む100社以上が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

しかもこの一括査定は
あの「楽天」がやっているため
買取価格とは他に楽天ポイント(1500ポイント)
ももらえちゃいます!

結果的に買取価格が高くなるので
ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!