エクストレイル

エクストレイルT32の前期と後期の違いについて徹底解剖します!

SUV市場で高い人気を誇るエクストレイルですが、2000年から発売され、現行モデルが3代目となります。

3代目モデルのT32型は2013年にモデルチェンジで発売され、2017年にマイナーチェンジをしています。

マイナーチェンジ前後での仕様の違いはどのようなものがあるのか、調べてみました。

エクストレイルT32の前期車種は?

エクストレイルT32の前期車種は?

2013年12月にフルモデルチェンジされた、エクストレイルT32型が、マイナーチェンジするまでのグレードを見ていきます。

・クリーンディーゼル車

20GT 4WD 6MT

20GT 4WD 6AT

20GT S 4WD 6MT

20GT S 4WD 6AT

エクストレイルT32の前期車種は?

・ガソリン車

20X 2WD 5人乗り

20X 2WD 7人乗り

20X 4WD 5人乗り

20X 4WD 7人乗り

20X エマージェンシーパケージ 2WD 5人乗り

20X エマージェンシーパケージ 2WD 7人乗り

20X エマージェンシーパケージ 4WD 5人乗り

20X エマージェンシーパケージ 4WD 7人乗り

20S 4WD 5人乗り

20X エクストリーマーX 4WD 5人乗り

20X エクストリーマーX 4WD 7人乗り

エクストレイルT32の前期車種は?

前期モデルに関しては、20Sと20Xを基本としています。

20Sは4WD、5人乗り車のみの設定で、20Xは駆動に関しては2WD、4WDの両方が設定され、乗車人数も5人乗り、7人乗りの両方が設定されいます。また、エマージェンシーブレーキ パッケージ、オーテックジャパン扱いのエクストリーマーXも、20Xをベースにしています。

 

エマージェンシーブレーキパッケージには、エマージェンシーブレーキ、踏み間違い衝突防止アシスト、LDW(車線逸脱警報)、進入禁止標識検知、BSW(後側方車両検知警報)、ふらつき警報が搭載されています。

 

エクストリーマーXには、フロントオーバーライダー、アンダーカバー、大型フロントフォグランプ、アルミホイールなどを装備しており、4WD車のみの設定になっています。

 

トランスミッションは、クリーンディーゼル車には、6速MTと6速AT(MTモード付)が搭載され、レギュラーガソリン車には、エクストロニックCVTが搭載されています。

 

エクストレイルT32の後期車種は?

エクストレイルT32の後期車種は?

2013年12月にフルモデルチェンジしたエクストレイルT32型ですが、2017年6月にマイナーチェンジしています。

大きな変更点としては、自動運転機能であるプロパイロットの追加でしたが、外装・内装も共に大きく進化しました。

・ガソリン車

20S 2WD 5人乗り

20S 4WD 5人乗り

20X 2WD 5人乗り

20X 2WD 7人乗り

20X 4WD 5人乗り

20X 4WD 7人乗り

20X エクストリーマーX 4WD 5人乗り

20X エクストリーマーX 4WD 7人乗り

モードプレミア 2WD 5人乗り

モードプレミア 2WD 7人乗り

モードプレミア 4WD 5人乗り

モードプレミア 4WD 7人乗り

モードプレミア ハイコントラストインテリア 2WD 5人乗り

モードプレミア ハイコントラストインテリア 2WD 7人乗り

モードプレミア ハイコントラストインテリア 4WD 5人乗り

モードプレミア ハイコントラストインテリア 4WD 7人乗り

エクストレイルT32の後期車種は?

・ハイブリッド車

20S 2WD 5人乗り

20S 4WD 5人乗り

20X 2WD 5人乗り

20X 4WD 5人乗り

20X エクストリーマーX 4WD 5人乗り

モードプレミア 2WD 5人乗り

モードプレミア 4WD 5人乗り

モードプレミア ハイコントラストインテリア 2WD 5人乗り

モードプレミア ハイコントラストインテリア 4WD 5人乗り

エクストレイルT32の後期車種は?

引用URL https://www3.nissan.co.jp

ラインアップとしては、ガソリン車に20S、20Xのグレードを設定しています。

20Xには、5人乗りの2列シート車、7人乗りの3列シート車があります。

ハイブリッド車も、20S ハイブリッド、20X ハイブリッドを設定しています。ハイブリッド車は、5人乗りの2列シート車のみとなっています。

 

特別仕様車では、20X エクストリーマーX、20X ハイブリッド エクストリーマーX、モード・プレミア、

モード・プレミア ハイブリッド、モード・プレミア ハイコントラストインテリア、モード・プレミア ハイブリッド ハイコントラストインテリアを設定しています。

 

エクストリーマーXは、フロント、リヤ、サイドのスタイリッシュガードやドアミラー、ルーフレール(メーカーオプション)を、ブラック基調とし、専用デザインの18インチアルミホイールを採用しています。

 

モードプレミアは、エクステリアにアクセントとしてメタル調塗装を施し、19インチの専用アルミホイールの採用、専用デュアルエキゾーストマフラーのデザインを変更しています。インテリアは、オーテック30周年記念車で好評を得ていた、ブラックの本革シートを新たに採用しています。

 

そして、シートやステアリングをストーンホワイトとブラックでコーディネートした、モードプレミア ハイコントラストインテリアもラインナップに加えています。

エクストレイルT32の前期と後期の違いとは?

エクストレイルT32の前期と後期の違いとは?

それでは、2017年のマイナーチェンジで何が変更されたのか、調べてみました。

①エクステリア

まずは、フロントフェイスの印象が大きく変わっています。エンブレムを包むV型のシルバーガーニッシュが変更になっています。両サイドのフロントライトも大型化し、視認性が向上しています。

 

また、アルミホイールのデザインが雪の結晶のようなデザインから、桜のようなデザインに変化しています。リアコンビランプ、リアスポイラー上から伸びるシャークフィンアンテナも形状が変更になっています。テールライト形状も、LEDシグニチャーランプが採用されています。

エクストレイルT32の前期と後期の違いとは?

②インテリア

インテリアの変更点はステアリングです。変更点としては、Dシェイプでセンターパッドが小さくなったステアリングが採用されています。シルエットが真円から下の弧が切られて脚に干渉せず、乗り降りしやすい工夫がされました。

 

インパネ周りに関しては、翼の広がりをイメージしたグライディングウィングデザインが採用され、スポーティなコクピットになっています。他にも、センターコンソールにステッチが入ったり、グローブボックス表面がソフトパッドになり、質感が向上しています。

 

シートに関しては、シート表皮の変更、セカンドシートのデザイン変更、2列目シートにリクライニング・スライド機構が採用され、使い勝手が向上しています。

エクストレイルT32の前期と後期の違いとは?

③装備、機能面

その他の装備、機能の変更点は以下の通りです。

 

・インテリジェントパーキングアシスト

駐車時に、ステアリングを自動操作し、駐車をアシストしてくれます。

 

・インテリジェントアラウンドビューモニター

駐車時に、ナビ画面やルームミラーで全周囲の視界を映し、駐車をしやすくしてくれます。

 

・リモコンオートバックドア(挟み込み防止機能付)

リアバンパーの下につま先を抜き差しするだけで、バックドアを開錠&開閉できる機能です。

 

・プロパイロット

高速道路で速度調節とステアリングを全自動で制御してくれる機能です。

 

・インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)

ふらつきにより、車が車線からはみ出そうになると、車線内に修正することを支援してくれます。

 

・RCTA(後退時車両検知警報)

駐車などでバックをする際に、後方を横切る車両を検知して知らせてくれる機能です。

 

・ハイビームアシスト

対向車や歩行者などの状況に応じて、ハイビーム/ロービームを自動的に切替えをしてくれる機能です。

エクストレイルT32の前期と後期の違いとは?

いかがでしたでしょうか?

エクストレイルの最新モデルである、T32型のマイナーチェンジ前後を比較してみました。

 

大きな変更点としては、エクステリアのデザイン変更、機能面の改良、充実が挙げられます。その中で、エクステリアに関しては、個人の好みが大きく影響されてくる部分です。前期型、後期型のどちらが自分の好みなのか、確認をしてから購入をすることをお勧めします。

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では90万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者を含む100社以上が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

しかもこの一括査定は
あの「楽天」がやっているため
買取価格とは他に楽天ポイント(1500ポイント)
ももらえちゃいます!

結果的に買取価格が高くなるので
ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!