エクストレイル

エクストレイルのXとXiの違いを徹底解説!何が違うのか!?

アーバンオフロードとして大人気の日産エクストレイルですがグレードが多くて迷ってしまいます。

今回はエクストレイルの中でもXとXiの違いに焦点をあてて検証してみたいと思います。

エクストレイルのXは何?

エクストレイルのXは何?

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/exterior.html

日産エクストレイルは初代が2000年に発売されました。

以降は2代目が2007年にモデルチェンジを経て発売され、現行型である3代目は2013年にモデルチェンジされて発売されています。

車名のXの由来はスポーツ競技のエクストリーム=X-treme (=extreme) sportsから来ています。

TRAILは足跡やオフロード、荒れた道などを表し、X-TRAILは、4WDのイメージと2つの言葉をかけ合わせた造語となります。

3代目になる現行型エクストレイルは初代から比較するとかなり大型化しています。

初代エクストレイルは4445mmで、現行型は4690mmですから245mm程長くなっていますね。

パワートレーンは初代からの2.0Lガソリンエンジンから現行型では2.0Lガソリンエンジンと2.5Lガソリンエンジンに加えて2.0Lハイブリッドが時代の進化でラインナップされています。

エクストレイルのXは何?

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/exterior.html

エクストレイルのグレードはガソリンエンジンとハイブリッドでそれぞれ3グレード構成になっていて、2WDと4WDが取り揃えられています。

SとXとXIといった3グレード構成の内のXとはどういう内容なのでしょう。

駆動方式では2WDと4WDの両方が選択できます。

2.0Lガソリンエンジンモデルではさらに2列シートと3列シート仕様が選択する事が可能になります。

2.0Lハイブリッドでは2WDと4WDの両方が選択できますが2列シートのみの構成となります。

初代エクストレイルはシンプルながら高いオフロード性能を誇り、比較的リーズナブルな価格で購入できるという点で人気を得てきました。

時代の変化でエクストレイルの個性や長所は生かしながらもハイブリッド化や自動運転技術、先進安全機能の導入は不可欠なものとなり次第に価格も上がってしまうのは致し方ないところです。

エクストレイルのXは何?

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/exterior.html

グレードXには自動運転技術のプロパイロットは標準装備は残念ながらされておらずメーカーオプション装着となります。

これはハイブリッドモデルでも同様になりますがインテリジェントエマージェンシーブレーキや踏み間違い防止装置アシストなどの先進安全機能は標準装備されていますから安全面では安心できますね。

しかしながら簡素な装備のSと比較するとヘッドライトはLEDになり、売りである4WD機能も高性能ですから人気グレードになるのも頷けますね。

エクストレイルのXiは何?

エクストレイルのXiは何?

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/exterior.html

ここまでは日産エクストレイルのXとは何かについてお知らせさせて頂きました。

ここではエクストレイルのXiとは何かについて検証してみたいと思います。

エクストレイルのコンセプトは購入しやすい価格で実用性のある4WDというものになります。

このコンセプト通りに世界中で愛用者が多く、ライバル車が高級化されていく中で今まで通りのコンセプトを貫いてきています。

高機能な4WD性能はさらに進化を続いていてますがインテリアはデザインコンシャスではなくどちらかといえば質実剛健で実用主義といった拘りを持っています。

エクストレイルのXiは何?

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/exterior.html

他社の本格的な4WD車はラダーフレームを持ったもので代表的なモデルではトヨタのランドクルーザーやスズキのジムニーなどがあります。

エクストレイルはそれらの本格的な4WDモデルと違い乗用車ベースのプラットフォームを使用していてそこに日産の4WD技術を掛け合わせた事から生まれてきています。

同じようなコンセプトではスバルのフォレスターがあり、両車とも独自のファンを多数もっていることから高いオフロード性能をもつ乗用車的なモデルは高い需要が見込めるものとしています。

3代目となるエクストレイルには3種類のグレード構成て成り立っています。

このうちのXiというグレードは特別仕様となりベースになるXに対してプロパイロット、インテリジェント アラウンドビューモニター、インテリジェント ルームミラー、ハイビームアシスト、電動パーキングブレーキ、オートブレーキホールド、インテリジェントLI、BSW、RCTAが特別装備されています。

エクストレイルのXiは何?

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/exterior.html

プロパイロットは日産の自動運転技術でアクセルとブレーキをクルマがコントロールして高速道路などで自動的に車間距離を保ってくれます。

他のメーカーにはないステアリング操作も備えている事がプロパイロットの特徴となります。

インテリジェントアラウンドモニターは上から見下ろしているような映像をナビの画面に映し出して駐車をスムーズにサポートする機能です。

インテリジェントルームミラーは2列目と3列目の乗員やヘッドレストなどか視界を妨げる場合に車両後方のカメラから映し出された映像がルームミラーから確認できるシステムになります。

もともとはリーズナブルな4WDがコンセプトでしたが技術の進化でこんなにも高機能になったエクストレイルは素晴らしいですね。

エクストレイルのXとXiの違いとは!?

エクストレイルのXとXiの違いとは!?

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/exterior.html

ここまでは日産エクストレイルのXとは何かとXiとは何かについてお知らせさせて頂きました。

ここではエクストレイルのXとXiの違いについて検証してみたいと思います。

エクストレイルの中心グレードであるXとXiとはどのような違いがあるのでしょう。

XiはXをベースとした特別仕様になり先進機能を標準装備としたモデルになります。

プロパイロット、インテリジェントアラウンドビューモニター、インテリジェントルームミラーなどが装備されています。

その他のハイビームアシストは前方の検知用カメラで先行車や対向車のライト、道路周辺の明るさを検知し、前の視界を明るくすることと、マニュアル操作で切り替える手間を減らします。

エクストレイルのXとXiの違いとは!?

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/exterior.html

ハイビームで走行可能と判断した場合、常時ハイビームで走行し、遠くまで照射するので視認性が向上します。

周囲の車両のライト、街路灯などを検知すると、ハイビームからロービームになり、前方に車両等がいなくなるとハイビームに切り替えます。

メリットはハイビームで歩行者などを早く発見でき。手動による切り替えのわずらわしさがありませんしロービームにチェンジすることを忘れません。

エクストレイルのXとXiの違いとは!?

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/exterior.html

RCTA(後退時車両検知警報)は車両後部の左右に設置したレーダーにより、後方を横切る車両を検知し、サイドミラー横の確認メディアとブザーでドライバーの注意を喚起します。

BSW(後側方車両検知警報)は車両後部の左右に設置したレーダーにより、死角になりやすい後側方の車両を検知し、車線変更するとき、隣接車線に車両がいる場合は、警報によって注意を喚起します。

インテリジェント LI(車線逸脱防止支援システム)LDW(車線逸脱警報)LDW(車線逸脱警報)は、意図せず走行車線を逸脱しそうな場合、メーター内ディスプレイへの警告表示とブザーで注意を喚起し、さらに、インテリジェント LI(車線逸脱防止支援システム)が車線内に戻す方向に力を短時間発生させ、ドライバーがクルマを車線内に戻す操作を促します。
LEDヘッドランプはハロゲンヘッドランプの約2倍の光量でより明るく遠くを照射し、視認性、長寿命、省電力に優れ、スタイリッシュな白色光も魅力です。

エクストレイルのXとXiの違いとは!?

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/exterior.html

シグネチャーLEDポジションランプをドアの施錠時(約10秒)、解錠時(約30秒)点灯させるフレンドリーライティング作動付になります。

ここまでくれば是非オプションのインテリジェントパーキングアシストも装着したいですね。

 

アイキャッチ画像引用:https://www.goodwood.com/grr/road/news/2017/10/first-drive-nissan-x-trail/

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では90万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者を含む100社以上が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

しかもこの一括査定は
あの「楽天」がやっているため
買取価格とは他に楽天ポイント(1500ポイント)
ももらえちゃいます!

結果的に買取価格が高くなるので
ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!