比較・ランキング

XVとフォレスターを比較!維持費・燃費・乗り心地はどっち!?

スバルはAWD技術に定評のあるメーカーです。

その中でもXVフォレスターは独自の人気があって違うファン層をもっているSUVとなります。

今回はXVフォレスターの乗り心地と大きさや燃費など維持費について検証していきたいと思います。

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格をオークション形式で比較▼▼▼

簡単な情報を30秒で入力するだけ

 

XVとフォレスターの乗り心地や大きさはどっち?

引用:https://www.subaru.jp/xv/xv/design/exterior.html

まず最初に大きさを調べてみました。

スバルXV

全長4465mm

全幅1800mm

全高1550mm

ホイールベース2670mm

室内長2085mm

室内幅1520mm

室内高1200mm

価格帯213〜283万円

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/design/exterior.html

スバルフォレスター

全長4625mm

全幅1815mm

全高1715〜1730mm

ホイールベース2670mm

室内長2110mm

室内幅1545mm

室内高1270mm

価格帯280〜310万円

XVはフォレスターに対して160mm短く15mm狭く165mm低くなっています。

ホイールベースは同じ寸法で室内寸法はほぼ同じですが少しだけフォレスターが広い印象ですね。

XVはインプレッサスポーツがベースになりクロスオーバーモデルとして仕上げられたモデルとなります。

車体もそうですがエンジンも同じものを使用しており、1.6Lと2.0Lを搭載していますがXVだけが2.0Lハイブリッドを採用していますね。

駆動方式がAWDのみとなっているのは大きな違いとなっています。

SUVのジャンルでありながら女性にも使いやすいサイズで全高も1550mmに抑えられているので機械式駐車場に入庫できるのは都心に出かけるユーザーには嬉しい点です。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/design/exterior.html

フォレスターはXVよりも本格的AWDとして企画され、車高も高くオフロード性能を高められています。

エンジンは2.5Lが中心で2.0Lハイブリッドも設定されていますから好みに合わせて選択できますね。

位置付けとしてXVは都会派SUVで雰囲気を重視し、フォレスターはオフロードにも使える本格派というところでしょうか。

XVとフォレスターの維持費はどっち?

引用:https://www.subaru.jp/xv/xv/design/exterior.html

ここまではスバルXVとフォレスターの乗り心地と大きさについてお知らせさせて頂きました。

ここではXVとフォレスターの税金など維持費について検証してみたいと思います。

自動車税は購入時には月割りで納付しますが翌年度からは毎年5月までに納付する事になります。

グリーン化税制の対象車は登録翌年度に一回のみ減税となります。

重量税は購入時に3年分自賠責と同時に納付し次回からは車検ごとに2年分を納付します。

スバルXVの税金関連を調べてみました。

自動車税

1.6Lガソリン グリーン化税制対象外   登録翌年度39,500円。

2.0Lガソリン グリーン化税制対象外  登録翌年度39,500円。

2.0Lハイブリッド グリーン化税制対象車 登録翌年度20,000円。

重量税

1.6Lガソリン エコカー減税対象外 登録時3年分36,900円。

2.0Lガソリン エコカー減税対象車 登録時3年分16.800円。

2.0Lハイブリッド エコカー減税対象車 登録時3年分15,000円。

車検費用

格安車検ですと70,000円位の予算を用意しておくと良いでしょう。

ディーラー車検の場合は120,000〜180,000程の予算が必要となります。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/design/exterior.html

スバルフォレスターの税金はどうでしょうか。

自動車税

2.5Lガソリン グリーン化税制対象外 登録翌年度45,000円。

2.0Lハイブリッド グリーン化税制対象車 登録翌年度20,000円。

重量税

2.5Lガソリン エコカー減税対象外 登録時3年分49,200円。

2.0Lハイブリッド エコカー減税対象車 登録時3年分15,000円。

車検費用は格安車検では80,000円程の予算を用意すれば安心です。

ディーラー車検では130,000〜180,000円程の予算が必要になります。

普段から点検をしっかり行う事で故障が未然に防げますので整備費用に余分な予算をかけないような工夫もしておくと良いでしょう。

XVとフォレスターの燃費はどっち?

引用:https://www.subaru.jp/xv/xv/design/exterior.html

ここまではスバルXVとフォレスターの乗り心地と大きさや税金など維持費についてお知らせさせて頂きました。

ここではXVとフォレスターの燃費について検証していきます。

スバルは水平対向エンジンで定評がありますがかつては燃費の評判はそれ程よくはありませんでした。

現在ではどうなのでしょうか。

まず最初にXVのカタログ値の燃費を調べてみましょう。

1.6Lガソリン JC08モード  16.2km/L

2.0Lガソリン JC08モード  16.0〜16.4km/L

2.0Lハイブリッド JC08モード  19.2km/L

WLTC平均モード 15.0km/L

実燃費はどうなのでしょうか。

1.6Lガソリン 11.3km/L

2.0Lガソリン 11.0km/L

2.0Lハイブリッド 12.5km/L

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/design/exterior.html

次にスバルフォレスターのカタログ値燃費を調べてみました。

2.5Lガソリン JC08モード  14.6km/L

WLTC平均モード 13.2km/L

2.0Lハイブリッド JC08モード  18.6km/L

WLTC平均モード 14.0km/L

実燃費はどうなのか調べてみました。

2.5Lガソリン 10.7km/L

2.0Lハイブリッド 11.9km/L

最近では燃費重視のクルマ作りが重要視されていますからスバル車の数値は現代のクルマとしては特筆するほどのものではありません。

水平対向エンジンはかつては非効率で燃費は期待できないものと言われていましたが、AWDでこの数値が出せればよいのではないかと思われます。

ハイブリッドに関してもスバルはドライブシャフトを介しての4WDでこの数値でトヨタのハイブリッドは電気式でドライブシャフトが存在しません。

機構の良し悪しは別にして走行性能にどこまで拘るかという思想があると思います。

XVとフォレスターを比較まとめ

引用:https://www.subaru.jp/xv/xv/design/exterior.html

ここまではスバルXVとフォレスターの乗り心地と大きさや燃費など維持費についてお知らせさせて頂きました。

ここでは様々な事象をまとめて検証していきます。

スバルXVとフォレスターの違いはどこにあるのでしょうか。

水平対向エンジンやAWDなどのスバルならではの技術は共通点でスバル車のユーザーはこの部分に拘りを持って愛着を持ち続ける方が多いようです。

引用:https://www.subaru.jp/xv/xv/design/exterior.html

スバルにはミニバンが存在せず軽自動車やコンパクトカーも自社開発はしていません。

今のスバルはスバルの独自技術のファンに向けてのクルマ作りに集中して上手くいっていますね。

ですからコアな部分はブレずに他の点で差別化を図りユーザーの嗜好や生活の変化に合わせて選択できるように企業努力をしているようです。

XVは扱いやすいサイズとスバルにしては個性的なカラーを揃えて機械式駐車場に入庫できるSUVという個性があります。

4WD技術は簡易機能ではなくフォレスターと共通のAWDですから車高の高さもあり多少のオフロード走行さえこなせるだけの潜在能力も落ちあわせています。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/design/exterior.html

フォレスターはその更に上を行くオフロード性能を持ち、一回り大きい排気量で走行性能に余裕を持たせています。

普段の走行性能は特筆すべき物はありませんが汎用製品のような没個性的なものではなくユーザーが長く愛着が持てるような深い味わいがあるものになっています。

トヨタの様にシャフトドライブを持たない電気式4WDにすれば燃費性能は明らかによくなりますがそれを良しとせずにスバルのAWD技術に拘りを持ってハイブリッドとの整合性を突き詰めていく。

燃費性能ばかりを重視しないでトータルで魅力のあるクルマを開発する事は困難を伴うでしょう。

2台を比較してどちらを選ぶかはライフスタイルで全く別れるでしょう。

シティトレイラーならXVを選択するでしょうし、ヘビーなアウトドアライフを送る人生なら迷わずフォレスターを選択するでしょう。

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格をオークション形式で比較▼▼▼

簡単な情報を30秒で入力するだけ