比較・ランキング

XVとアウトランダーPHEVを比較!維持費・燃費・乗り心地はどっち!?

電気自動車の時代にはまだ少し時間がかかりそうですが技術は進化しているようです。

スバル XVにはハイブリッドが加わり三菱アウトランダーPHEVも進化を続けている中比較してみての内容が気になります。

今回はXVアウトランダーの乗り心地や大きさなどと維持費について検証してみたいと思います。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ

XVとアウトランダーPHEVの乗り心地や大きさはどっち?

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/outlander_phev/exterior/

最初に大きさを調べてみました。

スバルXV

全長4465mm

全幅1800mm

全高1550mm

ホイールベース2670mm

室内長2085mm

室内幅1520mm

室内高1200mm

価格帯213〜283万円

引用:https://www.subaru.jp/xv/xv/safety/safety0.html

三菱アウトランダーPHEV

全長4695mm

全幅1800mm

全高1710mm

ホイールベース2670mm

室内長1900mm

室内幅1495mm

室内高1235mm

価格帯394〜509万円

スバルXVは三菱アウトランダーに対して230mm短く全幅は同じで160mm低くなっています。

ホイールベースも同じ寸法ですが室内長は185mm長くなっていますので外寸の印象とは異なる事がわかります。

スバルXVはインプレッサをベースとしてクロスオーバーモデルに仕立てたクルマになります。

スバル独自の水平対向エンジンとAWDの組み合わせは国産車唯一無二の物でエクステリアからはその拘りがわかりません。

スバルのファンは大多数がメカニカルな部分の個性に惹かれていますがコアなファン以外にもインプレッサやXVは受け入れられているフレンドリーなクルマといえます。

引用:https://www.subaru.jp/xv/xv/safety/safety0.html

スバル車ですから乗り心地や走行性能は最も拘りがある部分で、クルマが好きはユーザーでも納得させるだけのポテンシャルを秘めているのが凄いですね。

三菱アウトランダーPHEVはSUVであるアウトランダーをベースにしたPHEV(プラグインハイブリッド)となります。

機構は少々複雑ですが使い方は覚えてしまえば外部充電出来ること以外は通常のクルマと変わりません。

乗り心地は至ってフラットな上質なものになります。

XVとアウトランダーPHEVの維持費はどっち?

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/outlander_phev/exterior/

ここまではスバルXVと三菱アウトランダーPHEVの大きさと乗り心地についてお知らせさせて頂きました。

ここでは主に税金などの維持費について検証してみたいと思います。

自動車税は購入時には月割りで納付しますが翌年度からは毎年5月までに納付する事になります。

グリーン化税制の対象車は登録翌年度に一回のみ減税となります。

重量税は購入時に3年分自賠責と同時に納付し次回からは車検ごとに2年分を納付します。

スバルXVの税金関連を調べてみました。

自動車税

1.6Lガソリン グリーン化税制対象外   登録翌年度39,500円。

2.0Lガソリン グリーン化税制対象外  登録翌年度39,500円。

2.0Lハイブリッド グリーン化税制対象車 登録翌年度20,000円。

重量税

1.6Lガソリン エコカー減税対象外 登録時3年分36,900円。

2.0Lガソリン エコカー減税対象車 登録時3年分16.800円。

2.0Lハイブリッド エコカー減税対象車 登録時3年分15,000円。

車検費用

格安車検ですと70,000円位の予算を用意しておくと良いでしょう。

ディーラー車検の場合は120,000〜180,000程の予算が必要となります。

引用:https://www.subaru.jp/xv/xv/safety/safety0.html

三菱アウトランダーの税金を調べてみました。

自動車税

2.4L プラグインハイブリッド グリーン化税制対象車 登録翌年度11,500円。

重量税

2.4Lプラグインハイブリッド エコカー減税対象車 登録時3年分 免税。

車検費用

格安車検では80,000円程度の予算を確保しておくと安心できます。

ディーラー車検では100,000〜150,000万円程の予算を用意しておきましょう。

東京都と愛知県にお住まいの方はプラグインハイブリッドと電気自動車は5年間自動車税が免税という特例があるそうですから是非活用しましょう。

XVとアウトランダーPHEVの燃費はどっち?

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/outlander_phev/exterior/

ここまではスバルXVと三菱アウトランダーPHEVの乗り心地や大きさと維持費についてお知らせさせて頂きました。

ここではXVとアウトランダーPHEVの燃費について検証していきます。

XVのカタログ値の燃費を調べてみましょう。

1.6Lガソリン JC08モード  16.2km/L

2.0Lガソリン JC08モード  16.0〜16.4km/L

2.0Lハイブリッド JC08モード  19.2km/L

WLTC平均モード 15.0km/L

XVの実燃費の詳細はどうでしょう。

1.6Lガソリン 11.5km/L

2.0Lガソリン 11.2km/L

2.0Lハイブリッド 12.8km/L

引用:https://www.subaru.jp/xv/xv/safety/safety0.html

三菱アウトランダーPHEVのカタログ値燃費はどうなのでしょうか。

2.4Lプラグインハイブリッド JC08モード  18.6km/L

EV走行換算距離 65km

充電電力使用時走行距離 65km

電力量消費率  5.55km/kwh

実燃費はどうでしょう。

2.4Lプラグインハイブリッド 16.1km/L

アウトランダーPHEVの燃費表示は少々複雑です。

アウトランダーにはエンジンと走行用バッテリーとモーターが搭載させています。

走行用バッテリーは外部電源から充電できますが、搭載されているエンジンからも充電できます。

引用:https://www.subaru.jp/xv/xv/safety/safety0.html

つまりアウトランダーのエンジンは走行用と充電用と2つの役目があるわけですね。

モーターだけで走行するEV走行とモーターとエンジンの両方で制御しながら走行するハイブリッドモードがあります。

通常のハイブリッドと差があるのは走行用バッテリーの容量が大きいためにEV走行の割合が多いことになります。

ですから近距離走行が多い場合はエンジンをあまり使わないので40km/Lを記録する程燃費が良くなるわけですね。

XVとアウトランダーPHEVを比較まとめ

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/outlander_phev/exterior/

ここまではスバルXVと三菱アウトランダーPHEVの乗り心地や大きさ、燃費など維持費についてお知らせさせて頂きました。

ここではこれまでの検証をまとめてみたいと思います。

スバルXVは独自技術の水平対向エンジンとAWDの取り合わせが個性になりスバルファンのみならず、使いやすいサイズと基本的性能の高さで人気を保ち続けています。

AWDは簡易的ではなく悪路走破性も高い本格的な物で地上高の余裕もあり多少の悪路なら十分踏み入れることが可能です。

最近導入されたアドバンスに搭載されているハイブリッドシステムは燃費重視ではなくトルクを補うのが主な目的ですが結果的に燃費も向上しています。

引用:https://www.subaru.jp/xv/xv/safety/safety0.html

他のスバル車にはないカラーリングやインテリアカラーが使用されているので独自のファン層をつかんでいる様です。

燃費が弱点でもありますが走行性能とのトレードオフでもありますのでネガティヴに判断するのは価値観によります。

安全機能の高さもありコストパフォーマンスは高いと言えそうですね。

三菱アウトランダーPHEVはエクステリアはあまり個性はありませんがメカニカルな部分は先進的な個性にあふれています。

システムはかなり複雑で機構を早く理解するのは難しいかもしれません。

どこのメーカーのプラグインシステムとも違うシステムでハイブリッドとエクステンダーハイブリッドを取り合わせた様な機構になっています。

XVはドライブシャフトをもつ4WDですがアウトランダーは電気式4WDですからドライブシャフトを持たない方式になっています。

外部電源とエンジンからの発電の両方からバッテリーに充電できますから出先で充電スタンドがなくとも焦ることはありません。

走行用バッテリーの容量が続く限りはEV走行だけで走行できますから50kmまでの近距離走行では殆どガソリンを使わない事になります。

難点を言えば車両価格が上がりコストの見返りが満足度につながるかという点にあります。

クルマを所有する喜びよりはシステムを楽しむ楽しみが強い方にオススメできるのがアウトランダーPHEVになります。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ