XV

【スバル・XV】安全性はどう?自動ブレーキの効きはいいの!?

スバル・XVの安全性はどうなっているのか、運転はしやすいのか、ご説明します。

スバル・XVには、安全性能が標準装備されていたり、メーカーオプションにも付いています。

安全性といえば、自動ブレーキ機能の効き具合も気になりますね。

そして、注目を浴びている横滑り防止機能はスバル・XVではどうなのでしょうか。

ここでは、スバル・XVの運転のしやすさ・安全性能・自動ブレーキ・横滑り防止機能について、ご紹介します。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ

スバルXVは運転しやすい?しにくい?

引用:http://kakaku.com/

まず、スバル・XVは、スバルが発売しているクロスオーバーSUVです。

スバルは、フォレスターのクロスオーバーSUVも発売しています。

SUVは、Sports Utility Vehicleの略で、スポーツ用の多目的自動車です。

アウトドアだけでなく、街乗りもできます。

SUVは車高が高い・車体が大きいと思われがちですが、ライバル車のSUVでは、コンパクトSUVも発売されています。

スバル・XVは、ベースとなったインプレッサより、車体全体が大きくなっています。

スバル・XVの全高が高くなったので、視野も高く広い範囲が見えるようになっています。

シートも高くなっていますので、乗り降りもしやすく、腰の負担も減ります。

まず、SUVで運転しやすい特徴をご説明します。

運転しやすいSUVの特徴

引用:https://2ch.vet/

どういうSUVが運転しやすいのか、スバル・XVは他社のクロスオーバーSUVやコンパクトSUVと比べて運転しやすいのか、見ていきましょう。

スバル・XV

スバル・XVの大きさと最低地上高です。

全長:4465mm、全幅:1800mm、全高:1550mm、最低地上高:200mm

地上高が低い

最低地上高が低いと乗り降りがしやすいです。

女性や子供の乗り降り、荷物の出し入れがしやすい方が良いです。

SUVでは最低地上高が比較されます。

オフロードなどの悪路を走行する目的のため、最低地上高は高いタイプが多いです。

車幅が広くない

車幅が広いSUVは、コンパクトSUVに比べて、後方や運転席の反対側の死角が増えます。

各社の車幅を比べてみても良いでしょう。

運転席が高い

自動車は、運転席の位置が高いと運転しやすいです。

運転席の位置が高いのは、最低地上高も高いです。

SUVの最低地上高は様々です。

運転しやすい高さのSUVを選びましょう。

運転のコツ

引用:https://autoc-one.jp/

SUVは、車高が高いので、視野が広く、初心者にもオススメです。

車幅が広いと、死角も増えますので、駐車するときなど、確認をしっかり行うことが大事です。

小型の自動車からの乗り換えの場合は、車両の感覚に慣れる必要があります。

スバル・XVの運転のしやすさ

引用:http://117.main.jp/

最低地上高の比較

トヨタ・CHーRの最低地上高は、140~155mmです。

ホンダ・ヴェゼルの最低地上高は、170~185mmです。

三菱・エクリプスクロスの最低地上高は、175mmです。

スバル・XVの最低地上高は、200mmです。

日産・エクストレイルの最低地上高は、205mmです。

マツダ・CXー5の最低地上高は、210mmです。

スバル・フォレスターの最低地上高は、220mmです。

スバル・XVの最低地上高は、SUVでは、中間に位置します。

スバル・XVは、高すぎず・低すぎない高さのSUVです。

車幅の比較

ホンダ・ヴェゼルの車幅は、1770mmです。

トヨタ・CHーRの車幅は、1795mmです。

スバル・XVの車幅は、1800mmです。

三菱・エクリプスクロスの車幅は、1805mmです。

スバル・フォレスターの車幅は、1815mmです。

日産・エクストレイルの車幅は、1820mmです。

マツダ・CXー5の車幅は、1840mmです。

スバル・XVの車幅は、ライバル車のSUVと比較すると、サイズは中間に位置します。

スバルXVの安全性はどうなのか?自動ブレーキの効きは?

引用:https://response.jp/

ここまで、SUVの運転のしやすさをみてきましたが、運転のしやすさ以外のスバル・XVの安全性能はどうなのでしょうか。

ここでは、スバル・XVの安全性について見ていきましょう。

自動ブレーキ

引用:https://flux-capacitor.me/

スバル・XVでは、アイサイトVer3が標準装備されています。

スバルの運転支援システム「アイサイト」

引用:http://www.motordays.com/

アイサイトは、全車標準装備されています。

安全の先進技術です。

スバルの自動車での事故ゼロを目指しています。

プリクラッシュブレーキ

引用:https://sp.subaru.jp/

ブレーキ制御して、衝突を回避をアシストします。

1、衝突の危険があるとシステムが判断すると、運転手に衝突注意を知らせます。

2、回避操作が行われない場合は、ブレーキ制御を行い、自動的に減速または停止します。

全車速追従機能付クルーズコントロール

引用:https://car.watch.impress.co.jp/

前の自動車について行くサポートします。

先行車が停止すると、ブレーキ制御で減速停止します。

高速道路や一般道路で、先行車に追従して走行します。渋滞などで、アクセルとブレーキの操作を楽にします。

長時間ドライブでの運転の負担を軽減する機能です。

AT誤発進抑制制御

引用:https://yamoriv1.exblog.jp/

誤操作での、車両の飛び出しを制御します。

駐車スペースや駐車場から出る場合などの、シフトレバーやペダルの誤操作による発進・加速を抑制します。

警報&お知らせ機能

引用:http://news.livedoor.com/

不注意による不自然な走行すると注意を喚起します。

ふらつき運転や車線を逸脱を検知すると、警報音と警告表示で運転手に注意を促します。

先行車の発進した場合にも、お知らせします。

スバルXVの横滑り防止機能の性能はいかに!?

引用:https://clicccar.com/

スバル・XVの自動ブレーキの効きをご説明しましたが、自動車の安全性能には、横滑り防止機能があります。

ここでは、スバル・XVの横滑り防止機能について見ていきましょう。

スバルのVDC(ビークル・ダイナミクス・コントロール)

引用:https://ja.wikipedia.org/

スバル・XVの横滑りを防止する機能には「VDC」という名称が付いています。

日産自動車もVDCと呼びます。

ホンダはVSA、マツダはDSA、三菱はVSC、トヨタはVSCです。

各社で名称が違いますので、愛車のメーカーの横滑り防止機能の位置や名称を確認しておきましょう。

名称を統一する動きもあります。

VDC(横滑り防止機能)効果

引用:https://www.webcg.net/

コーナリングやカーブで、スバル・XVが横滑りしそうになった場合には、VDCの効果がでます。

スバル・XVの走行を常に検知して、理想の走行をアシストします。

外側にはみ出したり、内側に切ったりした場合に、ブレーキ制御、エンジン出力制御、トルク配分の制御を行って、不安定な走行を理想走行に抑えます。

VDC(横滑りの防止機能)のまとめ

引用:https://ilovedemio.com/

VDC(横滑りの防止機能)は、ABS装置(アンチロック・ブレーキシステム)(Anti-lock Brake System)の危機回避能力の確保しようとする装置と連動しています。

それぞれの車輪に備えられたセンサーから、横滑り(VDC)を感知して、ブレーキ制御などで自動車が横滑りするのを防止します。

また、VDCは、ABS装置と組み合わされて、トラクションコントロール(TRCとかTCS)とも言われます。

トラクションコントロールは、自動車が発進加速で、大きなトルクがタイヤと地面にかかります。

トルクが地面との摩擦より大きいとスピンしてしまいます。

この機能を利用すると、ぬかるみなどで、脱出するときに、トラクションコントロールが作動すると、駆動を制御されてしまいます。

基本的には安全のために使用すべき機能が、一般道で使用されないということがおきますので、安全性のためにも、横滑り防止機能も全てONにしておきましょう。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ