比較・ランキング

XVとヴェゼルを比較!維持費・燃費・乗り心地はどっち!?

シティトレイラーとして人気のあるスバルXVホンダヴェゼルですが比較してみるとどうなのか気になりますね。

今回はXVヴェゼルの乗り心地や大きさなどと維持費や燃費の詳細を検証してみたいと思います。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ

XVとヴェゼルの乗り心地や大きさはどっち?

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/

最初に大きさを調べてみました。

スバルXV

全長4465mm

全幅1800mm

全高1550mm

ホイールベース2670mm

室内長2085mm

室内幅1520mm

室内高1200mm

価格帯213〜283万円

引用:https://www.subaru.jp/xv/xv/design/exterior.html

ホンダヴェゼル

全長4330〜4340mm

全幅1770〜1790mm

全高1605mm

ホイールベース2610mm

室内長1930mm

室内幅1485mm

室内高1265mm

価格帯196〜292万円

XVはヴェゼルに対して135mm長く30mm広く55mm低くなっています。

ホイールベースは60mm長く室内も155mm長くなっていますね。

スバルXVはインプレッサをベースにクロスオーバーモデルに仕立て上げたクルマになります。

水平対向エンジンにスバル独自のAWDの組み合わせで他にはない個性を出して差別化をしていますからパワートレーンだけを見ると他のメーカーには実質的なライバルが存在しないことになります。

エンジンが低重心ですから車高が高くともコーナーでは安定し、フラつく事もありません。

インテリアは華美過ぎずスポーティな好ましい物で誰でも受け入れてくれます。

エンジンは1.6Lと2.0Lにハイブリッドも取り揃えて選択も広くモアパワーを求めなければ満足度の高いクルマになります。

ホンダヴェゼルはフィットの派生車種になり、やはりクロスオーバーモデルとして人気を集めています。

XVよりも少し小ぶりにはなりますが大きくは違いません。

乗り心地はXVよりもしっかりしたフィーリングとなりホンダ車によくあるスポーティな味付けの物ですね。

1.5Lガソリンとターボに1.5Lハイブリッドは好みと予算で選べば後悔はないでしょう。

XVとヴェゼルの維持費はどっち?

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/styling/design/

ここまではスバルXVとホンダヴェゼルの乗り心地と大きさについてお知らせさせて頂きました。

ここではXVとヴェゼルの税金など維持費について検証してみたいと思います。

自動車税は購入時には月割りで納付しますが翌年度からは毎年5月までに納付する事になります。

グリーン化税制の対象車は登録翌年度に一回のみ減税となります。

重量税は購入時に3年分自賠責と同時に納付し次回からは車検ごとに2年分を納付します。

スバルXVの税金関連を調べてみました。

自動車税

1.6Lガソリン グリーン化税制対象外   登録翌年度39,500円。

2.0Lガソリン グリーン化税制対象外  登録翌年度39,500円。

2.0Lハイブリッド グリーン化税制対象車 登録翌年度20,000円。

重量税

1.6Lガソリン エコカー減税対象外 登録時3年分36,900円。

2.0Lガソリン エコカー減税対象車 登録時3年分16.800円。

2.0Lハイブリッド エコカー減税対象車 登録時3年分15,000円。

車検費用

格安車検ですと70,000円位の予算を用意しておくと良いでしょう。

ディーラー車検の場合は120,000〜180,000程の予算が必要となります。

引用:https://www.subaru.jp/xv/xv/design/exterior.html

ホンダヴェゼルの税金を調べてみました。

自動車税

1.5Lガソリン グリーン化税制対象外 登録翌年度34,500円。

1.5Lガソリンターボ グリーン化税制対象外 登録翌年度34,500円

1.5Lハイブリッド グリーン化税制対象車 登録翌年度17,000円

重量税

1.5Lガソリン エコカー減税対象外 登録時3年分22,500円。

1.5Lガソリンターボ エコカー減税対象外 登録時3年分22,500円

1.5Lハイブリッド エコカー減税対象車 登録時3年分5,600円。

ハイブリッドは減税対象にはなりますがその分車両価格も上がりますから使い方に応じてメリットのある選択するのが正しいですね。

XVとヴェゼルの燃費はどっち?

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/styling/design/

ここまではスバルXVとホンダヴェゼルの乗り心地と大きさ、税金など維持費についてお知らせさせて頂きました。

ここではXVとヴェゼルの燃費について検証してみたいと思います。

XVのカタログ値の燃費を調べてみましょう。

1.6Lガソリン JC08モード  16.2km/L

2.0Lガソリン JC08モード  16.0〜16.4km/L

2.0Lハイブリッド JC08モード  19.2km/L

WLTC平均モード 15.0km/L

XVの実燃費の詳細はどうでしょう。

1.6Lガソリン 11.5km/L

2.0Lガソリン 11.2km/L

2.0Lハイブリッド 12.8km/L

引用:https://www.subaru.jp/xv/xv/design/exterior.html

ホンダヴェゼルのカタログ値燃費はどうなのでしょうか。

1.5Lガソリン JC08モード  21.2km/L

1.5Lガソリンターボ JC08モード  17.6km/L

1.5Lハイブリッド JC08モード  25.6km/L

ヴェゼルの実燃費はどの位でしょうか。

1.5Lガソリン4WD 12.8km/L

1.5LガソリンターボFF 13.7km/L

1.5Lハイブリッド4WD 15.3km/L

引用:https://www.subaru.jp/xv/xv/design/exterior.html

スバルXVはAWDですからエンジンから直接駆動するFFと異なり後輪に向けてドライブシャフトが伸びていて4輪全てを駆動することになります。

どうしても4輪駆動は抵抗が大きくなりますから燃費の面では不利になってしまいますね。

新しくラインナップに加わったXVアドバンスは水平対向エンジンにハイブリッドを組み合わせた個性的なユニットです。

燃費重視ではなくトルクを加えるのが目的のハイブリッド化という事でガソリンエンジンにおけるターボの様な役割の様ですね。

ホンダヴェゼルはフィットでも定評のあるハイブリッドはFFではさすがの燃費数値を叩き出していますが4WDとなるとやはり数字が落ちてしまうのは仕方ないですね。

XVとヴェゼルを比較まとめ

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/styling/design/

ここまではスバルXVとホンダヴェゼルの大きさや乗り心地、燃費など維持費についてお知らせさせて頂きました。

ここではこれまでのまとめを検証してみたいと思います。

スバルXVを選択する場合はどういう使い方をするのか考えてみました。

まずは扱いやすいサイズということがあり価格的にも手が届きやすい点があります。

XVを積極的に選ぶのはクロスオーバーデザインと水平対向エンジン、AWDのいずれかが気に入ってと言うことが最も多いのではないでしょうか。

FFがあればもう少し価格も下がりますがインプレッサスポーツとバッティングしてしまいますからそれは難しいでしょうね。

エクステリアカラーやインテリアカラーもインプレッサよりも明るいカラーやアースカラーを採用して差別化している点も魅力なのでしょう。

多少のオフロードなら踏み込める走破性もアウトドアが趣味のユーザーには変えがたい物になっていますね。

一方でライバル達には燃費で水を開けられている点が気になります。

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/styling/design/

しかしトヨタでもランドクルーザーなど本格派4WDはあえて燃費には拘り過ぎず、ミニバンやプリウスなどにはドライブシャフトを持たない電気式4WDを採用して燃費と実用性を両立しています。

電気式4WDはあくまで雪道や豪雨のためのものでオフロード走行は推奨されていません。

ですからXVは高性能ながら手に入れやすいSUVでデザインだけが魅力なのではないということが理解できます。

そうすると燃費の面も納得できてしまいますね。

引用:https://www.subaru.jp/xv/xv/design/exterior.html

ホンダヴェゼルはそういう意味ではデザインのためのSUVということになります。

使い方がアウトドアでハードユーザーではない方はヴェゼルの方が適しているかもしれません。

検証した通りに燃費の面ではFFハイブリッドならば圧倒的にヴェゼルが優勢になります。

XV2.0Lガソリンならばヴェゼルハイブリッドの上級グレードが同じ価格帯となりますから市街地中心のユーザーならば総合的にみてホンダヴェゼルを選びたいですね。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ